FAQ:よくある質問


製品について    サービスについて    Webユーザー登録について

製品についてのFAQ

恒温振とう培養機についてのFAQ

Q.光照射用BR-180LFの蛍光灯が切れた場合、市販品と交換しても動作に支障はありませんか?
A.光照射用BR-180LFの蛍光灯ユニットの蛍光灯は、市販されているラピッドスタートタイプ20Wの物を採用しております。必要に応じて交換が可能です。
Q.背面の放熱ファンの風量が変化するのですが故障ですか?
A.パソコンの放熱ファンと同様に、放熱量を感知して風量を2段階に切替えます。故障ではありません。
Q.振とう培養時、培養液をなるべく泡立てたくないのですが、良い方法はないでしょうか。
A.回転数を落とす方法もありますが、エアレーション効率が悪くなります。容器に対する培養液の量を可能な限り少なくしたほうが良いでしょう。
低細胞毒性を検証済みの培養用消泡剤も市販されております、これを活用してみるのも良いかもしれません。
Q.庫内温度と表示温度がずれています。直す方法を教えて下さい。
A.まず、庫内の送風口から風が出ているか確認してください。送風用のモーターが故障して送風が止っていると温度ズレが生じる事があります。
また何らかの原因(設置環境や経年劣化等)でオフセットが狂っている場合があります。オフセット方法は製造年ごとに多少異なっておりますので、詳細は取扱説明書をご確認ください(多くの場合、温度設定のUP/DOWNボタンを同時に数秒押しますと温度表示が点滅し始めますので、現在の庫内温度を入力後SETボタンにて確定します)。
Q.庫内温度が上がってしまいます。
A.まず装置の型式に、小型BRですと「FP」(旧小型BRですと「BR-15LF」)、中型BRですと「FL」もしくは「LF」という型式が付いているかご確認下さい。これらの型式が付いていない装置に関しては冷却装置が付いておりません。「室温+5℃」が最低温度設定になります。
次に冷却装置用の放熱ファン部に取付けてあるフィルターをご確認ください。フィルターの付いている場所については装置によって異なりますので取扱説明書をご確認の上、掃除をお願いします。
それでも改善されない場合は、冷却装置等の故障が考えられますので、お手数ですがお近くのTSCへご連絡ください。
Q.購入直後にもかかわらず、高温での使用中に背面から樹脂が溶けたような異臭がします。
A.断熱材で使用しています接着剤成分の一部が揮発する際に樹脂が溶けたような異臭がする場合があります。この粘着剤は危険有害性の分類上該当しません。また時間の経過とともに薄れていきます。このような場合は機械の故障ではありませんのでご了承ください。
一方で、異臭が(1)強まってくる (2)何日もなっても異臭が収まらない (3)装置の状態が普段と比べておかしい 場合にはお近くのTSCへご連絡頂きたいと思います。
また、どちらとも判断が付かない場合はお手数ですがお近くのTSCへご連絡ください。点検させて頂きます。
Q.「ErrL」が表示され、装置が停止してしまいます。
A.冷凍機用放熱フィンが目詰まりを起し「冷凍機過熱防止安全器」が働いて停止している可能性があります。まずはフィルター等の掃除を行なってください。それでも改善されない場合はファンモーター等の故障が考えられますので、お近くのTSC.へご連絡ください。
Q.CO2-BR-40LFは、500mlよりも大きな三角フラスコを使えないのでしょうか?
A.標準で3L×1本が可能です。その他のフラスコについてはお問い合わせください。

カスタム培養機/スピナーフラスコについてのFAQ

Q.CO2-BR-40LFで、ブランチユニット(分岐管)にホース側のチューブフィッティング(差込ノズル)が挿さりません。
A.チューブフィッティングの受け側の押さえ金具が、何らかの原因で「あがっている」(通常、チューブフィッティングが挿入されると、抜け落ち防止のため金具があがり、固定される仕組みになっています。チューブフィッティングを抜く際は金具を押し込み抜きますので、金具は「落ちている」状態になります)状態ではないでしょうか?金具のボタンを押し、金具が‘落ちている’状態で再度試してください。
Q.CO2-BR-40LFでは、どうやって無菌的に試料をセットするのでしょうか?
A.培地および細胞を入れた三角フラスコは、フラスコキャップおよびエアフィルターを閉めてしまえば中を無菌状態に保つことが可能です(キャップは半消耗品、フィルターは1バッチ毎の交換推奨)。クリーンベンチ内で調製して、エアフィルターを付けたフラスコキャップを閉めれば、あとは持ち運びが可能となります。エアフィルターおよびフラスコキャップをはずすときは、クリーンベンチ内で行なってください。
Q.スピナーフラスコはディスポーザブルなのでしょうか?
A.弊社取扱のスピナーフラスコはディスポーザブルではございません。オートクレーブ可能で繰り返しご使用いただけます。

振とう機についてのFAQ

Q.御社の小型振とう機は、低温インキュベーターの中で使用できますか?
A.「冷蔵庫内で使用可能」と表記のあるタイプは使用できます。しかし低温から出した/低温に入れた直後は装置内部等に結露をしてる可能性があります。コンセントを抜いた状態でしばらく放置して、完全に乾いた状態になってからご使用下さい。
Q.振とう機の速度表示部に「 . . . 」というエラー表示がすぐに出てしまいます。
A.モーター保護安全器が働いています。主電源をON-OFFすればリセットできますが、許容負荷重量内で何度も安全器が働くようでしたら、振とう機の設置環境を見直す必要があります。振とう機を乗せている台が揺れている場合に働く事があります。インキュベーター内の設置で1台では起きなくても同じ速度で2台並べて使用する場合にも起こる場合があります。その時は本体の揺れや棚の強度を改善して下さい。

ミキサー/ローテーター/スターラー、破砕機についてのFAQ

Q.プレゼントミキサーのヘッドゴムが回ってしまいます。
A.プレゼントミキサーのご応募ありがとうございました。
同製品は開梱時、ヘッドゴムが外れた状態になっています。これを本体にはめこむわけですが、はめこみが浅いと撹拌時にヘッドゴムが回転してしまったり、最悪の場合は外れてしまいますので、ヘッドゴム取付け要領をご参照の上、ヘッドゴムの軸差込口がぴったり本体の軸の根元に接するまでしっかりと押し込んでください。
なお、ヘッドゴムを取付ける際は、電源コードは接続しないでおいてください。ヘッドゴムをギュッと押し込むときに、前足に内蔵されているスイッチが入ってしまうことがあります。この関係で、ヘッドゴム取付け後に電源コードを接続するといきなり撹拌がONになってびっくりすることがありますので、お気をつけくださいますよう、お願いいたします。
Q.ローテーターで1.5mlマイクロチューブに少量の試料を入れて回すと、試料が落ちないのですが…?
A.解決法としては、2.0mlマイクロチューブを使う、マイクロチューブ内をシリコンコートする、などが考えられます。温度が低いほど、また試料の粘性が高い・量が少ないほど、落ちない傾向にあるようです。
一般的には、50ml遠沈管の中にマイクロチューブを入れ、カラカラと回して衝撃で試料液を落とす対処法があるようです。
Q.マイクロミキサーE-36で、96穴ディーププレートを使用することは可能ですか?
A.別売部品で「WP-9602」という専用の架台をご用意しております。
Q.購入時に比べて破砕に時間がかかります。/チップの先端から綺麗に出力されてない。
A.チップの先端は使用すると摩耗します。目の細かい耐水ペーパー(紙やすりでも可)でチップの先端を磨き平らな状態でご使用みて下さい。それでも直らない際はお近くの営業所へご連絡ください。
Q.ビーズ破砕機(μT-01,μT-12)で使用できるビーズの種類について。
A.ガラスビーズ、ジルコニアビーズ、ステンレスビース(2mLチューブでは直径5mmまで)が使用できます。ステンレスビーズが最も破砕力が強くなりますが、1mm以下の大きさはありません。次いで破砕力が強いのはジルコニアビーズです。ガラスビーズは0.1mmくらいから揃えられコストも安いことから、微生物の破砕でよく用いられます。なお、対象の大きさによってビーズの大きさを変えた方が、破砕効率が良くなることが分かっています。
※「ビーズ破砕機(μT-01,μT-12)でのビーズの使い分けについて教えてください」の項もご参照ください。
Q.ビーズ破砕機でのビーズの使い分けについて教えてください。
A.大腸菌などのバクテリアには0.1~0.2mmのガラスビーズが向き、酵母には0.2~0.5mmのガラスビーズまたはジルコニアビーズが向いています。
2~3mm以上のジルコニアビースやステンレスビーズは、動植物の細胞や組織に用いられます。特に皮膚や弾力のある内蔵筋、骨組織の小片など硬いものは、ステンレスビーズでないと破砕できない場合が多くなります。
Q.ビーズ破砕機のサンプルへの発熱の影響が気になります。
A.μT-01,μT-12は冷却機能を備えておりませんが、低温室で使用することが可能です(詳細は仕様を参照)。しかしながら処理前にサンプルを冷却しておけば、大抵は室温より高い温度に温まることなく破砕を完了できます。気になる場合(とくに30秒以内で破砕できない場合)は、途中で一時チューブを冷却してください。
Q.ビーズ破砕機を用いて液体窒素で凍結したサンプルを破砕したいのですが。
A.ビーズ破砕機の場合、チューブごと液体窒素で凍結させる方法はビーズによってチューブが破壊される危険性が高まるため、基本的にはお薦めできません。
一方、現在のところ−30℃での凍結であれば大丈夫なことが分かっています(おもにコニカル底チューブの場合)。
液体窒素での凍結破砕につきましては、凍結破砕機μT-48を推奨します。
Q.μT-01,μT-12で使用できるマイクロチューブを教えてください。
A.遠心機のローターにはまるものをお使いください。具体的にはチューブ胴部の外径が11mm以下のものが適合します。11mm以下というのは平均的な太さですが、12mmのものもありますのであらかじめご確認をお願いいたします。なおビーズ破砕という観点から、2mlチューブをお薦めいたします。Oリングが付いたスクリューキャップ(ねじ口)タイプをご使用ください。ねじ口でない場合、またOリングがないものの場合、処理中にサンプルが漏れる可能性があります。
ステンレスビーズを使用する際は、コニカル底(V底)タイプの2mlチューブをお薦めいたします。丸底ですと条件によりますが、破損する怖れがあります。

ブロック恒温槽についてのFAQ

Q.DTU-1BN/CN, DTU-2BN/CNのアルミブロック「AL-1136」と「AL-1136B」の違いはなんですか?
A.AL-1136は1.5mlチューブ用で、テーパー状の穴形状、AL-1136Bは2.0mlチューブ用でストレートの丸底形状をしております。それぞれにフィットするような形状になっています。ちなみに、AL-1136はブロックの上面に「A」、AL-1136Bはブロックの上面に「B」という刻印がされております。

恒温水槽/振とう恒温槽についてのFAQ

Q.EXN-Bの買替えを考えています、本体(SDN/EXN)だけの購入は出来るのでしょうか?
A.購入できます。お近くのTSC.へお問い合わせください。
Q.パーソナル-11単体での購入は可能ですか?
A.はい、購入できます。お近くのTSC.へお問い合わせください。
Q.高温で使用していると水の蒸発が早いのですが…
A.水槽に合うフタを用いると蒸気が逃げずに、長時間水位を保てます。ステンレス水槽蓋やプラフードをご使用下さい。また、特型の蓋の製作も承っています。お近くのTSCへご相談ください。

投込み式冷却器/理化学向けチラーについてのFAQ

Q.ポートタンクを使用し密閉回路に循環しているのですが温調が不安定です。
A.循環経路が長い場合、循環水が戻ってくるのに時間がかかり温調の乱れにつながります。
取扱説明書に記載されている「オートチューニング」を行なうことで改善されることもありますが、まずは循環経路の見直しを行なって下さい。
Q.温度表示が「-20.0」と表示され、温度設定ができません。
A.装置の背面もしくは側面にある「EXT. SET(温度設定入力切替スイッチ)」がREMOTE側に切り替わってしまっている可能性があります。ご確認ください。切り替えても変化がない場合はスイッチが接触不良になっているか、破損している場合があります。その時はお近くのTSC.へご連絡ください。
Q.水温が下がりません。
A.いくつかの原因が考えられます。1・循環水温度が40℃以上の場合、冷凍機保護のため冷凍機の運転をストップしてしまいます。この場合は故障ではありません。(CH-402BF/602BF/602B/802Bは40℃以上でも冷凍機の運転を行ないますので、これには当てはまりません)
2・空冷式装置の場合、装置全面にある(一部例外もあります)放熱部にホコリ等のゴミが付き、目詰まりを起していないか確認ねがいます。目詰まりをしている際は掃除を行なって下さい。
3・設置環境温度が35℃を超えていると冷凍機の放熱がうまく行えず、能力が落ちてしまいます。
4・熱負荷が本機の能力を上回っている。上記を確認の上、改善されない/当てはまらない場合は装置の故障が考えられますのでお近くのTSCへご連絡願います。
Q.装置のスイッチを入れると温度は表示されるものの、冷凍機がなかなか動き始めません。
A.2つの原因が考えられます。1・水温と設定温度が近い為、冷凍機が動き出さない(温度精度±2℃)
2・冷凍機保護タイマーが働き、最初の約3分間は冷凍機に通電させません。いずれも装置の故障ではありませんので、もうしばらく様子をみてください。
Q.ポートタンクを使用しているのですが、すぐに循環エラーが出てしまい装置が停止してしまいます。
A.流量が1L/minを下回ると循環経路に異常があると判断、フローモニター安全器が働き装置を停止します。ホース等の折れ曲がりなどで経路が塞がれていないか確認ください。また経路は短くしてください。
それでも改善されない場合は、お手数ですがお近くのTSCへお問い合わせください。
Q.表示部に「Err1」もしくは「----」と表示される。
A.装置の背面もしくは側面にある「EXT.SENSOR(外部温度センサー切替スイッチ)」がREMOTE側に切り替わってしまっている可能性があります。ご確認ください

恒温庫/ハイブリオーブンについてのFAQ

Q.霜取りタイマーはどのように時に使用すればよいのですか?
A.低温で使用していると装置内部に霜が付きすぎて冷却が出来なくなってしまいます。それを防ぐ為に定期的に冷凍機を停止させて霜を溶かす為のタイマーが「霜取りタイマー」です。季節や環境等で異なってきますが、一般的には15℃以下で使用される際はONにします。
Q.ボトルでハイブリを行なう場合の回転数を教えてください。
A.回転数は、用いるボトル径とハイブリダイゼーションバッファーの液量、ハイブリダイゼーションにかける時間(プローブの特異性と長さ)によって多少変わりますが、目安としてプレハイブリダイゼーションおよびハイブリダイゼーションでは5~10r/minくらい、ウォッシングでは10~20r/minくらいで試してみてください。
Q.ボトルでハイブリを行なう場合のバッファー量を教えてください。
A.ハイブリダイゼーションバッファーの必要量は実験条件により異なりますが、一般的に、ボトルを使用する場合はメンブレン1平方cmあたり0.125mlまで減らすことができます。この量は、シーリングバッグを用いる場合とほぼ同等で、タッパーの場合の半分となります。
Q.庫内に温度計を入れてあり、装置の温度表示と庫内温度に差があるのですがどうすれば良いですか?
A.まず庫内にたくさんの容器等を詰め込んでしまい通風がうまくできてない、という事はないでしょうか? 家庭用冷蔵庫でも同様な事が言えますが、詰め込み過ぎは良くありません。そのような事が無ければ、庫内ファンや冷凍機など装置の故障が考えられます。お近くのTSC.へお手数ではありますがご連絡願います。

遠心式濃縮機/低温トラップについてのFAQ

Q.遠心濃縮に時間がかかりすぎる。
A.蒸発潜熱が足りない可能性があります。ヒーターの温度を上げてください。
特に高沸点溶媒の場合は加温をしなければ濃縮が進みません。
タイテックの製品は全機種ヒーターを搭載しております。
それ以外にも容器を変更して表面積を増やしたり、溶媒の沸点が高い場合は容器あたりのサンプル量を減らすなどの工夫も必要です。
Q.遠心式濃縮機の窒素ガスパージのやり方は?
A.製品により異なりますが、本体の真空のノズル口とトラップまでの配管の間に三方弁を取り付けてボンベに接続します。リークノズルのある製品はそちらに接続してください。
Q.水系のサンプルを濃縮させたいのですが、一向に濃縮されません。故障でしょうか?
A.通常推奨している真空ポンプはダイアフラム真空ポンプとなります。
油回転真空ポンプを使用する場合は水が凍り余計に時間がかかります、サンプルの許容される範囲でヒーターを入れて加温してください。
Q.どのような場合にガラスコンデンサーを使用するのですか?
A.低温トラップのトラップ槽の材質はステンレスと天然ゴムです。これらを侵す物質をトラップする場合(有機溶媒や酸系の物質)にガラスコンデンサーを使用します。
Q.真空ポンプのスイッチを解除しても以前に比べて、真空の戻りが遅くなってきている。
A.装置内部にフィルターが入っており、外気のゴミがチャンバー内に混入するのを防いでいるのですが、そのフィルターが目詰まりを起していると思います。
お手数ですがお近くのTSC.へ修理依頼を行なって下さい。
Q.真空度がなかなか上がらない原因として、何が考えられますか?
A.真空ホースが極端に折れ曲がっていてノズルの密着が取れていないか、どこかのノズルが開いている等が考えられます。
また、前回使用した水分が配管内に残っていて、それが真空度を上げるのを妨げている事も考えられます。
Q.油回転式真空ポンプの油を交換したほうがよい場合について教えてください。
A.側面の覗き窓が白濁していたら、油に水が混入していますのですぐ交換してください。そのまま放置しておくと高額な修理になる可能性があります。交換時の油の量はゲージの上限・下限の中間にします。

凍結乾燥機についてのFAQ

Q.凍結乾燥中、サンプルが溶けてくるのですが…
A.真空ポンプの能力(到達真空度や排気量)が足りない場合があります。容器のサンプル液量を減らすか、多岐管に繋いだ容器を一度に真空引きをしないなどやりくりする必要があります。
またホース等の繋ぎ目に緩みが無いか確認し、継ぎ目に真空グリスを塗り密着度を高めてみて下さい。
それでも改善されない場合はサンプルの塩濃度が高い場合などが考えられます。
Q.なかなか凍結乾燥が終了しない。
A.①ひとつの容器に入れるサンプル量が多すぎる可能性があります。小分けにして減らしてください。
②昇華面積が少ない可能性があります。予備凍結時、大きめの容器の壁にサンプルを薄く広げて凍結させる(容器を回転させながら凍結します)等の処理をしてください。
③真空ポンプの能力と乾燥機本体のバランスが悪い可能性があります。適切なポンプを使用してください。

酸素/二酸化炭素/pHセンサーについてのFAQ

Q.同じ装置で、酸素、pH、二酸化炭素の各センサーは使用できますか?
A.使用できません。それぞれに適合した濃度計が必要です。
SDRシステムは使用するセンサーディッシュにより、酸素またはpHのいずれかを検出することができます。
また、SFRシステムは酸素、pHの両方を同時に測定することができます。
Q.マイクロセンサーと非破壊測定用センサーチップを同じ装置で使用できますか?
A.酸素濃度計Microx 4 /Microx 4 trace はPSt7、PSt8タイプのマイクロセンサーと非破壊測定用酸素センサーチップの両方を使用することができます。
しかし、従来のPSt1、TOS7タイプのマイクロ酸素センサーやマイクロpHセンサーは使用できません。また、他の装置はいずれも両方を使用することはできません。
Q.センサーは濁った溶液でも測定できますか?
A.はい。測定できます
Q.測定を妨げる物質がありますか?
A.高濃度の蛍光物質が干渉することがあります。この問題を解決するための対策についてお問い合わせください。
・プレセンスセンサーは水溶液のために作られています。高濃度の有機溶剤は避けるべきです。しかし、光学式酸素センサーは純粋なエタノールに耐えます。
・pHおよびCO2センサーはイオン強度(オスモル濃度)にクロス感度を示します。これは一点での再補正で補償することができます。
Q.組織の内部で測定することはできますか?
A.はい、できます。O2とpHのマイクロセンサーが使用可能です。
Q.試験された接着剤または生体適合性センサーチップはありますか?溶出物や抽出物についての何らかの試験はありますか?
A.pHセンサーチップHP5と接着された酸素センサーチップPSt3の組み合わせは、USPクラスVIに従って試験しました。試験報告書については、お問い合わせください。
Q.センサーを滅菌することはできますか?
A.はい、特定のセンサーはオートクレーブ処理することができます。酸素センサーチップでは、例えば、SP-PSt3-YAUなどがオートクレーブ可能です。
Q.読取用光ファイバーPOFはどれくらい長くできますか?
A.最大25mまで可能です。
Q.φ2mmの読取用光ファイバーPOFはどれくらい曲げられますか?
A.最大曲げ半径は40mmです。最大曲げ半径を超えると、繊維に損傷を与えたり、破損したりする可能性があります。
Q.センサーチップはどのような容器で使用できますか?
A.センサーチップは透明で、非蛍光性の容器(ガラスまたはプラスチック)に装着することができます。わずかに乳白色の容器でも使用可能です。
容器の厚さは酸素センサーで8mm未満、pHセンサーで4mm未満としてください。
Q.センサーチップに光ファイバー(POF)を配置するための標準距離はありますか?
A.直接センサーチップの上にPOFを配置する必要があります。チップとPOFとの距離は可能な限り小さくすべきです。また、角度をつけずに垂直になるようにします。

産業向けチラーについてのFAQ

Q.必要な能力や仕様がよくわからないのですが…
A.お近くのTSC.へご連絡を頂ければ打合せに伺い、機種選定をさせて頂きます。
Q.既存製品にない仕様のチラーが欲しいのですが…
A.特型の製作実績は豊富にございます。是非、お気軽にお近くのTSCへご連絡をください。
製作の前には必ずお打ち合わせが必要となりますが、その際、どういった用途・使い方をされるのか具体的なご要望をお聞かせください。
Q.装置を廃棄するにあたり、充填されているフロンはどうしたらいいのでしょうか?
A.弊社は「第一種フロン類充填回収業者」として登録しております。
フロンを回収し、フロン回収報告書(正式名:フロン回収工程管理票)及びフロン破壊証明書を発行することを有償にて行っております。装置に封入されているフロンガスの種類や封入量によって金額が異なってきますので、お近くのTSC.へお問い合わせください。

その他、製品についてのFAQ

Q.引っかけ式コンセントプラグへの変更は可能ですか?
A.はい、変更可能です(お客様側コンセントの規格、型式(品番)等の確認が必要です)。
詳しくは、お近くのTSC.へご連絡ください。

サービスについてのFAQ

サービスについてのFAQ

Q.取扱説明書を紛失してしまいました。再発行して欲しいのですが有料なのでしょうか?
A.はい。有料で再発行をいたします。こちらからご請求ください。

Webユーザー登録についてのFAQ

サイト/Webユーザー登録についてのFAQ

Q.パスワードを忘れてログインできません。
A.こちらからお問合せください

製品について    サービスについて    Webユーザー登録について

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「フロンフリー」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.