製品情報

本製品は販売を終了しています

ウェルプレート対応遠心式濃縮機 

VC-96W

商品コード: 0055738-000

マイクロチューブや遠沈管、ウェルプレートまで。分析等で使う様々な容器に対応。大量処理向け。

操作パネル部
タイマーを使わない通常運転時も経過時間(時間と分を交互に)表示「0H」は0時間を表す。

主な用途

DNAやRNA、タンパク質の濃縮乾燥
糖タンパク・糖鎖・ペプチド等の濃縮乾燥
ディープウェルで培養した菌体のスピンダウン

特長

昇温効率の良いヒーターにより濃縮時間を短縮

通常、とくにディープウェルプレートなどの樹脂製容器では減圧下での熱伝導が非常に悪いため、時間をかけてもサンプルの濃縮を完了させることが困難です。本製品では減圧下でも濃縮に必要な熱量を容器に与えることができる遠赤外線ヒーターを採用し、濃縮時間の短縮を実現しました。

本格遠心機なみの品質・安全機構を装備

質量が大きいディープウェルプレートを遠心するため、本格的な遠心機と同様にフタの電磁ロックを採用。ヒーターは、サンプルの突沸を防ぐため本体の電源を入れていても設定回転数に到達しなければ通電されず、回転停止ボタンを押した場合でも即座に通電をカットします。また、温度制御センサーと過熱防止安全器が独立しているため、万が一の温度調節器の故障によるトラブルも未然に防ぎます。

シンプルな操作性と融通が利く使いやすさ

回転数やタイマーの設定を簡単にするなど、使いやすさに重点を置いた操作系となっています。真空解除は、大切なサンプルをうっかり飛散させることがないように手動式を採用。また、連続使用によりどうしても上がってしまう内部温度は、温度表示部にてモニターできるようになっています。

ローター交換で様々な容器に対応可能

マイクロチューブや遠沈管はもちろん、最大の特長となる、ディープウェルプレートでの遠心濃縮も可能です。ディープウェルプレートやマイクロチューブで使用するスウィングローター96Sは、片側約350gの荷重を最大800×gで遠心することができるため、遠心濃縮以外にもウェルプレートのスピンダウンやキットを使用したプラスミドDNA抽出に活用できます。

仕様

型名VC-96W
使用温度範囲室温+5℃~+65℃(設定範囲は0℃~+65℃)
※設定回転数到達後にヒーター作動
回転数100~2600r/min(最大800×g;96Sローター使用時)
ローター回転方式マグネットドライブ方式
タイマー1分~99分(デジタル)(*1)
蓋/チャンバー材質蓋:PVC
チャンバー:SUS316(テフロンコート)
真空計0~-0.1MPa(ブルドン管)
真空解除手動
吸引ノズル外径Φ14mm
除菌フィルター0.2μm
その他の機能ポンプスイッチ連動コンセント×1(7Aまで)
※設定回転数到達後にポンプ作動
安全器/安全機能モーターブレーキ、過熱防止、フタ電磁ロック(回転停止時のみ開閉可)、フタ開時ヒーター/回転停止、各種異常表示(停電、モーター回転、固定ロック)
外形寸法380×486×369Hmm
質量約30kg
電源AC100V・4A(*2)
(*1)遠心濃縮時はタイマーとしてではなく、時間表示用となります。
(*2)ポンプスイッチ連動コンセントの使用に応じて電流値は増加します。
●真空ポンプは、ダイヤフラム式をお薦めします。
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1   TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362、お問合せメールフォーム
*ご購入について、および修理・メンテナンス等のお急ぎの依頼はお近くのサービスセンターへお問合せください*
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.