製品情報

旋回振とう培養用非接触濁度計 

OD-MonitorA&S

商品コード:

三角フラスコでいつもどおり培養しながら非接触でOD測定!!

主な用途

培養中の細菌の細胞密度観測
病原性細菌の細胞密度観測
嫌気性条件下で培養中の細菌やガス濃度の分析が重要となる細胞の観測
増殖速度の遅い細菌の細胞密度観測
浮遊性の哺乳類細胞の細胞密度観測(今後対応予定) etc.

ダウンロードファイル(有用情報)

OD-Monitorシリーズカタログ(PDF:1MB)
測定データ例も掲載!OD-MonitorA&S単品カタログ(PDF:3MB)
OD-Monitorの操作ガイド(PDF:3MB)
分光光度計とのズレを補正する手順(PDF:284KB)
データ(Log.txt)のExcelへの取り込み方法(PDF:364KB)

特長

魅力的なプライスで培養における濁度測定を圧倒的に省力化

100/200/300/500mlガラス三角フラスコ(液量は1/5量±10%、バッフル付きや坂口フラスコは不可)を用いて旋回振とうで培養している大腸菌等の培養液の濁度を、非接触で自動測定。制御ユニットは¥180,000、測定ユニットは1台¥47,000と高いコスト対効果。

バイオシェーカー(旋回振とうタイプ)と組み合わせて使用

バイオシェーカーBRシリーズやダブルシェーカーNRシリーズと組み合わせて使用(他社の振とう機は使用不可)。測定ユニットを振とう台に取り付けるだけ。

BR-43FLとの組み合せ例


BR-180LFとの組み合せ例


NR-3との組み合せ例



最大8チャンネル、測定値は分光光度計でのOD600に換算

最大8Ch同時測定。測定値は分光光度計(弊社BPM-10Bio)における600nmでの測定値に換算済み。お使いの分光光度計とのズレがあっても補正可能。


ODSensor-SおよびLは取付可能数=測定数となります。
ODSensor-Tは取付可能数×8が測定数(Ch数)となります。
OD-Monitorが複数セット必要になる場合は取り回しが困難になりますので、実際はOD-Monitor内蔵型バイオシェーカーをお奨めしております(特注品、詳しくはお問合せください)。

指定ODを超えたらブザーでお知らせ

制御ユニットは、現在値と指定値を表示。現在値を超えたらブザーでお知らせも可能。

市販のUSBメモリにデータ保存が可能

USB2.0のフラッシュメモリ(使用不可なものあり)にテキスト形式でデータ保存。表計算ソフトで編集可能。

仕様

型名OD-MonitorA&S
測定環境温度範囲+15℃~+50℃(組み合わせるバイオシェーカーの温度設定にご注意ください)
適用三角フラスコおよび液量(*)透明ガラス製100/200/300/500ml(色つきやバッフル付きは不可)、1/5容量
測定可能振とう方式旋回振とう(測定においては下記のいずれかの条件で必ず振とうする必要あり)
測定可能振とう速度および振幅(*)
80~400r/min(振幅25mm)
80~200r/min(振幅30/40mm)
80~250r/min(振幅50mm)
※振とう速度の設定単位は10r/min
製品構成/付属品制御ユニット:ODBox-A
測定ユニット:ODSensor-S
価格ODBox-A:¥180,000、ODSensor-S(1台):¥47,000
(*)測定開始にODBox-Aにて設定します。なお、OD-MonitorはタイテックのバイオシェーカーBRシリーズまたはダブル(ロータリー)シェーカーNRシリーズ(いずれも現在生産中の機種)でのみ使用できます。測定時はこれらの振幅を必ずご確認ください。また、ご使用に際しては、ノイズ軽減のためのODBox-Aおよび振とう機ともに必ずアース接続を行ってください。

セット商品の内訳

型名ODBox-A
測定値(OD)の表示赤外線(950nm)の透過光量を大腸菌のOD600に換算表示
有効測定範囲0.10~2.55(精度保証範囲0.5~1.5)
大腸菌以外の生物種/分光光度計との測定誤差への対応補正係数(0.01~2.55、初期値は1.00)の入力による
補正後誤差/補正適用範囲15%以内(OD=0.5~1.5において)
インターバル(測定間隔)1/5/10/30/60/120/240min
最大測定時間ODBox-A本体のみ:360ポイント(*1)
記憶媒体使用時:容量による
ODSensor-Sの最大接続数8台(2Ch×4Line)、すべて同条件下での測定
印刷出力用インターフェースRS-232C(*2)
外部記憶媒体用インターフェースUSB2.0フラッシュメモリ(*3)用ポート
その他の機能アラーム機能あり(あらかじめ指定したODを超えた際にブザー通知)(*4)
外形寸法153×220×127Hmm
標準付属品フラットケーブル(2m)×1
(*1)ポイント=総測定時間÷インターバルです。360ポイントを超過した場合は、360ポイント目が更新され続けます。
(*2)推奨ケーブルはサンワサプライ製KRS-433XF-07K(D-Sub9ピン両端メス、ストレート結線)、推奨プリンタは三栄電機製BL2-58SNBJCロール紙プリンタとなります。
(*3)パソコンで使用できても本製品では使用できないものがあります。
(*4)インターバルの設定によっては、指定値に到達してもすぐにはブザーが鳴らない場合があります。
型名ODSensor-S
測定方式赤外線透過光方式(水平投射)
測定波長950nm
連結接続数1台(付属の0.5mフラットケーブル使用)
電源ODBox-A(別売)より供給
標準付属品フラスコパッド大小×各1(*)、取付用ネジ(皿M4×15mm)×6、
コードクリップ大×2+小×4、フラットケーブル(0.5m)×1
(*)大が300ml用、小が100/200ml用です。500ml用はツメクランプCF-0500に付属しています。

別売部品

ツメクランプ CF-0100


ツメクランプ振とう台やアングルラックに取付けて三角フラスコを固定するための部品
■適用容器:三角フラスコ100ml

ツメクランプ CF-0200


ツメクランプ振とう台やアングルラックに取付けて三角フラスコを固定するための部品
■適用容器:三角フラスコ200ml

ツメクランプ CF-0300


ツメクランプ振とう台やアングルラックに取付けて三角フラスコを固定するための部品
■適用容器:三角フラスコ300ml ■標準付属品:スプリング

ツメクランプ CF-0500


ツメクランプ振とう台やアングルラックに取付けて三角フラスコを固定するための部品
■適用容器:三角フラスコ500ml ■標準付属品:スプリング、八角形ゴムシート

ツメクランプ振とう台 MT-2925


三角フラスコや遠沈管を安定に振とうさせたい場合にもっとも最適な振とう台
■外形寸法:290×250×23Hmm ■質量:約0.9Kg

ツメクランプ振とう台 MT-4030


三角フラスコや遠沈管を安定に振とうさせたい場合にもっとも最適な振とう台
■外形寸法:400×300×23Hmm ■質量:約1.4Kg

フラットケーブル(2m) OD-CAV0200


ODBoxへODSensorを接続するためのケーブルです。
■価格:¥1,500(1本) ■:

カラーキャップ&タグ OD-CAP0408


ODSensorの複数使用時の識別を容易にするタグです。
■価格:¥4,000 ■:

関連製品

旋回振とう培養用非接触濁度計 OD-Monitor制御ユニット ODBox-A


OD-MonitorA&Sの制御ユニットです。
■測定値(OD)の表示:赤外線(950nm)の透過光量を大腸菌のOD600に換算表示 ■有効測定範囲 ...

旋回振とう培養用非接触濁度計 OD-Monitor測定ユニット ODSensor-S


OD-MonitorA&Sの測定ユニットです。
■測定方式:赤外線透過光方式(水平投射) ■測定波長:950nm

旋回振とう培養用非接触濁度計 OD-MonitorB&L


三角フラスコでいつもどおり培養しながらOD測定できるOD-Monitorに、大型三角フラスコ/高濃度対応モデルが登場!自動ポンプユニットと組み合わせれば、指定ODでIPTGの自動添加も可能に。
■測定環境温度範囲:+15℃~+50℃(組み合わせるバイオシェーカーの温度設定にご注意ください) ■ ...

往復振とう培養用非接触濁度計 OD-MonitorC&T


いつもどおり培養しながらOD測定できるOD-Monitorに、試験管対応モデルが登場!
■測定環境温度範囲:+15℃~+50℃(組み合わせるバイオシェーカーの温度設定にご注意ください) ■ ...

小型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-22FP・MR


使い勝手と省スペースを両立した小型タイプ。環境にやさしいペルチェ方式。
■使用温度範囲:+15℃~+60℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:旋回

小型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-23FP・MR


使い勝手と省スペースを両立した小型タイプ。環境にやさしいペルチェ方式。
■使用温度範囲:+15℃~+60℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:往復/旋回切換

小型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-22UM・MR


使い勝手と省スペースを両立した小型タイプ。
■使用温度範囲:室温+5℃~+70℃(中温向け) ■振とう方式:旋回

小型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-23UM・MR


使い勝手と省スペースを両立した小型タイプ。
■使用温度範囲:室温+5℃~+70℃(中温向け) ■振とう方式:往復/旋回切換

小型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-22FH・MR


使い勝手と省スペースを両立した小型タイプ。
■使用温度範囲:室温+5℃~+100℃(中~高温向け) ■振とう方式:旋回

小型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-23FH・MR


使い勝手と省スペースを両立した小型タイプ。
■使用温度範囲:室温+5℃~+100℃(中~高温向け) ■振とう方式:往復/旋回切換

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-40LF


実績豊富な中型。ロングセラーの透明フードタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:往復/旋回切換

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-42FL・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:旋回

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-43FL・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:往復/旋回切換

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-42FM・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:室温+5℃~+70℃(中温向け) ■振とう方式:旋回

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-43FM・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:室温+5℃~+70℃(中温向け) ■振とう方式:往復/旋回切換

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-43FH・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:室温+5℃~+100℃(中~高温向け) ■振とう方式:往復/旋回切換

大型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-180LF


上下二分割ドアで大型容器の出し入れが簡単。キャスターで移動も可能。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(*1) ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*2)

大型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-300


振幅可変式大型タイプのロングセラー。
■使用温度範囲:冷却水温+10℃~+70℃ ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃

大型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-300LF


振幅可変式大型タイプのロングセラー。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(*1) ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*2)

大型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-3000LF


シリーズ中最大の容量、振幅可変式。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(*1) ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*2)

小型振とう機 ロータリーシェーカー NR-2


ロングセラー、恒温庫に入れやすい小型振とう機。おもに三角フラスコ類に向くNR-2。
■振とう方式:旋回振とう ■振とう速度:20~200r/min

小型振とう機 ダブルシェーカー NR-3


ロングセラー、恒温庫に入れやすい小型振とう機。往復と旋回の両方に対応したNR-3。
■振とう方式:往復/旋回切換式 ■振とう速度:20~200r/min

中型振とう機 ロータリーシェーカー NR-20


ロングセラー、容量十分な中型振とう機。おもに三角フラスコ類に向くNR-20。
■振とう方式:旋回振とう ■振とう速度:20~200r/min

中型振とう機 ダブルシェーカー NR-30


ロングセラー、容量十分な中型振とう機。往復と旋回の両方に対応したNR-30。
■振とう方式:往復/旋回振とう切換式 ■振とう速度:20~200r/min

中型振とう機 トリプルシェーカー NR-80


ロングセラー、容量十分な中型振とう機。往復と旋回に加えて8の字振とうも可能なNR-80。
■振とう方式:往復/旋回/8の字振とう切換式 ■振とう速度:20~200r/min (*1)

大型振とう機 ダブルシェーカー NR-150


ロングセラー、大容量の大型振とう機。容器や用途に応じて往復と旋回を使い分け。
■振とう方式:往復/旋回切換式 ■振とう速度:25~250r/min

振とう培養用非接触濁度計 OD-MonitorタービドスタットシステムA


三角フラスコでカンタン低コストに最少20mlから連続培養が可能、マルチチャンネル化にも対応。
■測定方式:透過光方式 ■有効測定範囲:OD600=0.00~2.55

振とう培養用非接触濁度計 OD-MonitorタービドスタットシステムB


三角フラスコでカンタン低コストに最少20mlから連続培養が可能、マルチチャンネル化にも対応。
■測定方式:透過光/反射光方式 ■有効測定範囲:OD600=0.00〜9.99

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「CO2インキュベーター」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.