製品情報

往復振とう培養用非接触濁度計  OD-Monitor内蔵型バイオシェーカー®

OD-BR-180LF-T

商品コード: 0070462-000

振とう培養用非接触濁度計を、大型恒温振とう培養機に内蔵。培養~OD値測定~低温保存を完全自動化!!

OD-BR-180LF-T

主な用途

スクリーニングや微生物の検査等に
バイオ燃料研究での藻類のモニタリングに
培養中の細菌の細胞密度観測
病原性細菌の細胞密度観測
増殖速度の遅い細菌の細胞密度観測
種菌培養のバリエーション用に

ダウンロードファイル(有用情報)

OD-Monitorシリーズカタログ(PDF:1200kB)

特長

振とう培養機を測定器に。それがOD-BR

試験管用の非接触濁度計を、大型恒温振とう培養機に内蔵。振とう培養しつつOD値を自動モニタリング、任意のOD値で培養を自動終了できます。
モニタリング状況は、例えばタッチパネルPC仕様の場合、リアルタイム表示される増殖曲線で確認することもできます。

測定操作・モニタリング・データ管理をタッチパネルで

OD-BRシリーズでは、タッチパネルPCを組み込んだ場合、測定操作およびデータ管理が簡便になり、さらに増殖曲線のリアルタイム表示が可能になります。左図は、OD-BR-180LF-Tの例(データは菌株の違いによる増殖速度の違いを識別したもの)です。

1)試験管の系と液量
2)試験管の傾斜角度
3)振幅
4)振とう速度
5)ベースラインアップデート※のタイミング
6)測定間隔
7)任意のODで温度移行を行うための設定
※菌体が濁度として検知されるまでは泡などによりベースラインが上がってしまう場合があるため、菌体が検知されるタイミングを見計らってベースラインを自動補正します。このタイミングは通常、一時間です(デフォルト)。

仕様

型名OD-BR-180LF-T
適用容器透明ガラス製試験管φ16.5または18mm×94本(*)
容量:5mlまたは10ml
有効測定範囲0.00〜2.55
測定可能振とう方式往復振とう
測定可能振とう速度および振幅80〜250r/min、25/50mm
測定環境温度範囲+5℃~+50℃
価格お問い合わせください
(お問い合わせにより仕様を確定の上、詳細な価格が決まります)
(*)容器はガラス製が基本ですが、ご要望に応じてディスポタイプにも対応可能です。

関連製品

旋回振とう培養用非接触濁度計 OD-MonitorA&S


三角フラスコでいつもどおり培養しながら非接触でOD測定!!
■測定環境温度範囲:+15℃~+50℃(組み合わせるバイオシェーカーの温度設定にご注意ください) ■ ...

旋回振とう培養用非接触濁度計 OD-MonitorB&L


三角フラスコでいつもどおり培養しながらOD測定できるOD-Monitorに、大型三角フラスコ/高濃度対応モデルが登場!自動ポンプユニットと組み合わせれば、指定ODでIPTGの自動添加も可能に。
■測定環境温度範囲:+15℃~+50℃(組み合わせるバイオシェーカーの温度設定にご注意ください) ■ ...

往復振とう培養用非接触濁度計 OD-MonitorC&T


いつもどおり培養しながらOD測定できるOD-Monitorに、試験管対応モデルが登場!
■測定環境温度範囲:+15℃~+50℃(組み合わせるバイオシェーカーの温度設定にご注意ください) ■ ...

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「CO2インキュベーター」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.