製品情報

恒温振とう培養機(NewMax drive®搭載)  DWMax

M・BR-032P

商品コード: 0079661-000

96ウェルやマイクロチューブの恒温振とうに最適!新機構"NewMax drive®"搭載。ペルチェで室温以下も可能

ディープウェルプレート使用例

蓋を閉じたところ

マイクロチューブラック(別売) 使用例

主な用途

ディープウェルやマイクロチューブでの大腸菌・酵母等の培養
ELISAやファジーディスプレイでのパニング
酵素消化、生分解性試験、メタボローム解析における撹拌など

特長

ブレない振とう撹拌効果を生み出す新機構、NewMax drive®搭載


振とう機や撹拌機には、それ自身の震動と、慣性による振とう台の上下左右への軌道のズレが相乗し、予期しない動き(ブレ)が生じます。このブレは、時に振とう撹拌の効果を減衰してしまいます。
弊社が開発した『NewMax drive®』は、ブレのない振とうを実現する新機構です。これにより、例えばディープウェルを用いた培養における各ウェル間のバラツキが格段に改善される等の効果が得られています。

酵母や大腸菌などの少量多検体培養に最適!

『NewMax drive®』機構により、マイクロチューブや96穴ディープウェルプレートを均一かつ強力に撹拌。一般的に培養には不向きと言われていたディープウェルプレートにおいても素晴らしい培養効率を発揮します。
ウェル内・ウェル間での誤差もごく少なく、多検体で効率よく培養が可能です。

【容器やウェルの位置によるバラツキを低減】
DWMaxシリーズ機のM·BR-034Pを用いて96穴ディープウェル4個で酵母を培養し、濁度(OD600)でバラツキを確認しました。ディープウェル間におけるバラツキは棒グラフの高低比較で、同一ディープウェル内のウェル間におけるバラツキはエラーバーが示しています。いずれも大きなバラツキは見られませんでした。


【当社従来品よりも培養効率が格段にアップ】
DWMaxシリーズ機のM·BR-034P、および当社従来品を用いて96穴ディープウェルで大腸菌を培養し、培養開始から4時間後の濁度(OD600)を測定して比較しました。M·BR-034Pでは、従来製品より遅い振とう速度でも半分の時間でOD600=1.0に到達しました。

詳しい実験データはページ最下部のダウンロードファイルをご覧ください。

ウェルプレートなら2個、1.5mlマイクロチューブなら48本、5mlチューブなら24本。従来品とのオプションラック互換

M・BR-032Pはウェルプレート系なら2個が標準で使用できます。
別売のラックを使用することで0.5mlや1.5/2.0ml、5mlのマイクロチューブも使用可能です。DWMaxシリーズは当社従来品(M・BR-022UPなどのマキシマイザーシリーズなど)とのオプション互換性がありますので、従来品のラックをお持ちの方はそのままご活用いただけます。

5mlチューブ用のラックEM-1515

【5mlチューブを用いた酵母の培養】
5mlチューブを用いて酵母の培養を行った結果を左に示します(培地量0.5ml、1.5ml)。
なお、酵母は酸素が不足すると嫌気呼吸を行い二酸化炭素を排出します。その圧力でチューブキャップが開くことがありますので、培養の際にはご注意ください。

フロンフリーの低温コントロール

平成27年4月よりフロン排出抑制法が施行され、エアコンやフロンガスを冷媒とする業務用の冷凍・冷蔵機器を所有する事業者においては、その管理義務が課せられました。本製品はペルチェ素子による電子冷却を採用。冷媒ガスそのものを使用していませんので、管理者の方々の負担を軽減します。

バリデーション(IQ/OQ)にもお応えします

創薬の現場では、GLP/GMPの要求事項の一つとして、使用する機器類にバリデーションが求められます。DWMaxシリーズは、そのニーズ(IQ/OQ)にお応えするべく設計されています。

仕様

型名M・BR-032P
使用温度範囲+15℃~+60℃(*1)
温度調節精度±0.5℃~1.0℃(*2)
適用容器/架数ウェルプレート2個またはマイクロチューブラック2個(*3)
振とう方式水平偏芯震動
震動速度200~1600r/min
使用環境温度範囲+5℃~+30℃
加熱/冷却方式ペルチェ素子
温度/速度表示デジタル表示
その他の機能温度および振とう速度のメモリー設定×1
安全器/安全機能ヒューズ、高温、温度調節異常診断、フード開時制動、モーター過負荷、過負荷保護、過電圧保護
外形寸法365×400×230Hmm
質量約15kg
電源AC100V・1.5A
価格¥420,000
(*1)冷却時は室温-7℃、加温時は室温+33℃付近が使用温度範囲の限界です。
(*2)使用環境温度が+25℃付近の場合の値です。
(*3)ウェルプレートが固定できる架台を標準で備えています。マイクロチューブラックは別売です。
●本製品は96穴のウェルプレートに適する振とう機構に設計されているため、24穴や384穴等では撹拌の効率が変わります。
<「NewMax drive」はタイテック株式会社の登録商標です。>

外形図

別売部品

NOW
PRINTING

マイクロチューブ用ラック EM-0524


0.5mlマイクロチューブを24本架けられるアルミ製マイクロチューブラック
■適用容器/架数:0.5mlマイクロチューブ×24本 ■材質:アルミニウム

マイクロチューブ用ラック EM-1524


1.5mlマイクロチューブを24本架けられるアルミ製マイクロチューブラック
■適用容器/架数:1.5ml/2.0mlマイクロチューブ×24本 ■材質:アルミニウム

マイクロチューブ用ラック EM-1515


5.0mlマイクロチューブを12本架けられるアルミ製マイクロチューブラック
■適用容器/架数:5.0mlマイクロチューブ×12本 ■材質:アルミニウムおよびエチレンプロピレンゴ ...

関連製品

ウェルプレート・マイクロチューブ対応恒温振とう培養機 バイオシェーカー® M・BR-024


96ウェルやマイクロチューブの恒温振とうに。ディープウエルプレートなら4個使用可能。
■使用温度範囲:室温+5℃~+65℃(*1) ■振とう方式:水平偏芯震動式

ウェルプレート対応恒温振とう培養機 マキシマイザー M・BR-420FL


96ウェルに最適な振とう培養機の大容量タイプ。振とう反転機能を装備、低温での温調も可能。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃ ■振とう方式:水平偏芯震動式(反転機能あり)

恒温振とう培養機(NewMax drive®搭載) DWMax M・BR-032


96ウェルやマイクロチューブの恒温振とうに最適!強力・均一・静か、新機構"NewMax drive®"搭載。
■使用温度範囲:室温+7℃~+60℃ ■温度調節精度:±0.5℃~1.0℃(*1)

恒温振とう培養機(NewMax drive®搭載) DWMax M・BR-034P


96ウェルやマイクロチューブの恒温振とうに最適!新機構"NewMax drive®"搭載。ペルチェで室温以下も可能
■使用温度範囲:室温-7℃~+60℃(*1) ■温度調節精度:±0.5℃~1.0℃(*2)

恒温振とう培養機(NewMax drive®搭載) DWMax M・BR-034


96ウェルやマイクロチューブの恒温振とうに最適!強力・均一・静か、新機構"NewMax drive®"搭載。
■使用温度範囲:室温+7℃~+60℃ ■温度調節精度:±0.5℃~1.0℃(*1)

恒温振とう培養機(NewMax drive®搭載) DWMax M・BR-104P


遠沈管やマイクロチューブの恒温振とうに!強力・均一・静か、新機構"NewMax drive®"搭載。ペルチェで室温以下も可能
■使用温度範囲:室温-7℃~+60℃(*1) ■温度調節精度:±0.5℃~1.0℃(*2)

恒温振とう培養機(NewMax drive®搭載) DWMax M・BR-104


遠沈管やマイクロチューブの恒温振とうに!強力・均一・静か、新機構"NewMax drive®"搭載。
■使用温度範囲:室温+7℃~+60℃ ■温度調節精度:±0.5℃~1.0℃(*1)

ダウンロードファイル

DWMaxシリーズカタログ(PDF:3MB)

総合カタログより DWMaxシリーズ(PDF:600kB)

総合カタログより DWMaxシリーズでの酵母、大腸菌の培養データ(PDF:500kB)

アプリケーションデータ:ディープウェルプレートを用いて培養した酵母からのDNA 抽出(PDF:850kB)

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「フロンフリー」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.