アプリケーションデータシート No.26

三角フラスコの振とう方法とエアレーション効率について


アプリケーションデータの概要

一般的に行われている微生物の振とう培養法は、三角フラスコを旋回振とう機で振とうさせる手法が1933年にオランダで、振とう(坂口)フラスコを往復振とう機で振とうさせる手法が1942年に日本で、それぞれ開発されたものである。このような経緯があるためか、振とう培養においては、海外ではほぼ旋回振とう機のみが使われ、日本では旋回振とう機に加えて試験管で振とう培養を行う場合や振とうフラ
スコで高い培養効率を得たい場合に往復振とう機も用いられている、といった状況である(振とうフラスコは、海外ではほとんど使われていないと思われる)。
微生物培養の教科書を紐解くと、三角フラスコは旋回振とう、振とうフラスコは往復振とうがそれぞれ適しているとあるが、タイテックにはしばしば、お客様から「三角フラスコの振とうでは、旋回と往復のどちらがエアレーション効率が高いのか」といったご質問が寄せられる。教科書の定説は古典的に過ぎるためか、このご質問にお答えするために引用できる定量的な証明を見つけることができなかった。そこで、〈SFR Vario〉を用いて実際に調べることにした。

ファイルのダウンロード

「三角フラスコの振とう方法とエアレーション効率について」をダウンロード

関連する製品

測定システム シェイクフラスコリーダー SFR vario


振とう培養時のDO/pH/バイオマス(OD)の非接触オンラインモニタリングが可能。フラスコ1本架。
■適用センサー:センサーフラスコ(*1) ■チャネル数:125~2Lセンサーフラスコ×1

小型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-23FP・MR


使い勝手と省スペースを両立した小型タイプ。環境にやさしいペルチェ方式。
■使用温度範囲:+15℃~+60℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:往復/旋回切換

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-43FL・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:往復/旋回切換

大型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® G・BR-300


2段重ねとリフトアップドア、サイド実験台としても活用可能で大量培養と省スペースを両立。
■使用温度範囲:+4℃~+80℃ ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*1)

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「フロンフリー」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.