アプリケーションデータシート No.25

容器形状や振とうの速度・振幅と培養効率について


アプリケーションデータの概要

微生物の振とう培養法には様々なファクターがある。培地の成分や培養対象となる微生物の性質(至適培養温度等)については割愛するが、特に好気条件を必要とする時に重要となる「エアレーション」の効率が、培養の速度や収量を左右すると言っても過言ではない。この「エアレーション」を考える時、関係するファクターが即ち培養容器の形状(種類)・容器容量・液量・振とう方式・振とう速度・振幅で
ある。これらのうち振とう方式は容器形状で決まり、液量にはセオリーがあるため容器容量も自ずと決まる。従って、容器形状・振とう速度・振幅が主な変数となる。本紙ではこの3つのファクターについて、実験を踏まえた考察を紹介する。

ファイルのダウンロード

「容器形状や振とうの速度・振幅と培養効率について」をダウンロード

関連する製品

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-41FL・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:往復

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-42FL・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:旋回

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-43FL・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:往復/旋回切換

大型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® G・BR-300


2段重ねとリフトアップドア、サイド実験台としても活用可能で大量培養と省スペースを両立。
■使用温度範囲:+4℃~+80℃ ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*1)

大型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-180LF-70RT


振とう培養機トップブランドの責任。BR-180LFに旋回『70mm振幅』モデル登場。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(*1) ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*2)

旋回振とう培養用非接触濁度計 OD-Monitor制御ユニット ODBox-A


OD-MonitorA&Sの制御ユニットです。
■測定値(OD)の表示:赤外線(950nm)の透過光量を大腸菌のOD600に換算表示 ■有効測定範囲 ...

旋回振とう培養用非接触濁度計 OD-Monitor測定ユニット ODSensor-S


OD-MonitorA&Sの測定ユニットです。
■測定方式:赤外線透過光方式(水平投射) ■測定波長:950nm

旋回振とう培養用非接触濁度計 OD-Monitor制御ユニット ODBox-B


OD-MonitorB&Lの制御ユニットです。
■測定値(OD)の表示:赤外線(950nm)の透過光/反射光量を大腸菌のOD600に換算表示 ■有効 ...

旋回振とう培養用非接触濁度計 OD-Monitor測定ユニット ODSensor-L


OD-MonitorB&Lの測定ユニットです。
■測定方式:ハイブリッドOD方式、赤外線 ■測定波長:950nm

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「CO2インキュベーター」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.