アプリケーションデータシート No.22

培養容器の形状と振とう速度についての考察


アプリケーションデータの概要

微生物の振とう培養に使われている容器には、様々な種類がある。ここでは、分子生物実験において大腸菌に次いでよく用いられている酵母を、振とう培養で一般的な三角フラスコの他、よりエアレーション効率が良いとされているバッフル付き三角フラスコおよび振とうフラスコ(坂口フラスコ)を使用して同条件で培養を行って比較した結果をご紹介する。なお、三角フラスコについては参考までに振とう速度による違いも確認した。
●このADSは2005年に発行したものです。学術的な知見や作成担当部署名、関連製品の価格等の一部記載内容は、現在において変わっている場合があります。

ファイルのダウンロード

「培養容器の形状と振とう速度についての考察」をダウンロード

関連する製品

小型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-23FP・MR


使い勝手と省スペースを両立した小型タイプ。環境にやさしいペルチェ方式。
■使用温度範囲:+15℃~+60℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:往復/旋回切換

中型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® BR-43FL・MR


実績豊富な中型。左右開きドアタイプ。積重ね省スペース。
■使用温度範囲:+4℃~+70℃(低~中温向け)(*1) ■振とう方式:往復/旋回切換

大型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® G・BR-300


2段重ねとリフトアップドア、サイド実験台としても活用可能で大量培養と省スペースを両立。
■使用温度範囲:+4℃~+80℃ ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*1)

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「CO2インキュベーター」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.