アプリケーションデータシート No.20

分泌タンパク質生産のための細胞培養事例


アプリケーションデータの概要

世界的ブランドであるコーニング社の〈Proculture TM スピナーフラスコ〉は、特許DVI機構のインペラー(撹拌羽根)により、低速スターラーとの組み合わせで効率的な撹拌を可能としたほか、コンタミリスクを最小限にするための操作性の向上(センターキャップの大口径化等)や充実したオプションにより、細胞の高密度培養において従来のスピナーフラスコよりも優れたパフォーマンスを提供する。ここでは、分泌タンパク質の生産を見据えたHeLaおよびSf9細胞の培養において、従来品との比較実験を行った結果をご紹介する。なお本実験データは、コーニング社の提供による。
●このADSは2005年に発行したものです。学術的な知見や作成担当部署名、関連製品の価格等の一部記載内容は、現在において変わっている場合があります。

ファイルのダウンロード

「分泌タンパク質生産のための細胞培養事例」をダウンロード

関連する製品

スピナーフラスコ コーニングProcultureTM S-フラスコ4504-8L


培養液の上層から下層まで効率撹拌。全細胞数・生細胞数が従来品の約2倍。
■容量:8L(*1) ■全高:440mm

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「CO2インキュベーター」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.