アプリケーションデータシート No.16

293細胞発現系によるタンパク質生産の効率化


アプリケーションデータの概要

〈CO2インキュベーションシェーカー CO2-BR-40LF〉は、恒温振とう培養機 バイオシェーカー®にガスコントロールユニットとガス分岐管を付加した、浮遊系での細胞培養を効率よく行うための哺乳類細胞用恒温振とう培養機である。アプリケーションデータシート#014では本製品の特長とCHO細胞による抗体生産の事例を取り上げた。今回は、インビトロジェン社の高効率トランスフェクション/タンパク質発現系の試薬キットであるFreeStyle 293 Expression Systemを用いて〈CO2インキュベーションシェーカー CO2-BR-40LF〉で293細胞を浮遊振とう培養し、発現タンパク質の収量を確認した事例をご紹介する。なおこの事例は、東京大学先端生命科学技術研究センター ゲノムサイエンス分野の渡辺亮先生のご協力によるものである。
●このADSは2004年に発行したものです。学術的な知見や作成担当部署名、関連製品の価格、実験データのご提供者様のご所属等の一部記載内容は、現在において変わっている場合があります。

ファイルのダウンロード

「293細胞発現系によるタンパク質生産の効率化」をダウンロード

関連する製品

哺乳類細胞用恒温振とう培養機 CO2インキュベーションシェーカー CO2-BR-40LF


ガス強制通気により培養効率や細胞生存性をアップ。中型。容器やスケールに応じてカスタマイズ可能。
■使用温度範囲:+4℃~+50℃ ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*1)

哺乳類細胞用恒温振とう培養機 CO2インキュベーションシェーカー CO2-BR-43FL-MR


ガス強制通気により培養効率や細胞生存性をアップ。中型。スプリングネット振とう台付。容器やスケールに応じてカスタマイズ可能。
■使用温度範囲:+4℃~+50℃ ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*1)

哺乳類細胞用恒温振とう培養機 CO2インキュベーションシェーカー CO2-BR-43FL-MT


ガス強制通気により培養効率や細胞生存性をアップ。中型。容器やスケールに応じてカスタマイズ可能。
■使用温度範囲:+4℃~+50℃ ■温度調節精度:±0.3℃~1.0℃(*1)

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「フロンフリー」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.