アプリケーションデータシート No.8

ディープウェルプレートを用いた大腸菌培養の詳細


アプリケーションデータの概要

〈ウェルプレート・マイクロチューブ対応恒温振とう培養機 バイオシェーカー® M・BR-024〉は、ディープウェルプレート(以下、DWP)での大腸菌の振とう培養に主眼を置いた製品である。本製品が登場するまではDWPを高効率で振とう撹拌できる振とう培養機がなく、やむを得ず通常の振とう機やインキュベーターで培養を行っていた方も多いと思われる。製品カタログでは「ディープウェルプレートを用いた大腸菌の振とう培養」に関する実験データを簡単にご紹介しているが、DWPでの培養が珍しいものではなくなってきていることもあり、その詳細について多くのご質問を頂くようになってきた。そこで〈M・BR-024〉においてDWPでの大腸菌の振とう培養について検証を行った際の手順や注意点を、本紙でご紹介する。
●このADSは2003年に発行したものです。学術的な知見や作成担当部署名、関連製品の価格等の一部記載内容は、現在において変わっている場合があります。

ファイルのダウンロード

「ディープウェルプレートを用いた大腸菌培養の詳細」をダウンロード

関連する製品

ウェルプレート・マイクロチューブ対応恒温振とう培養機 バイオシェーカー® M・BR-024


96ウェルやマイクロチューブの恒温振とうに。ディープウエルプレートなら4個使用可能。
■使用温度範囲:室温+5℃~+65℃(*1) ■振とう方式:水平偏芯震動式

恒温振とう培養機(NewMax drive®搭載) DWMax M・BR-034


96ウェルやマイクロチューブの恒温振とうに最適!強力・均一・静か、新機構"NewMax drive®"搭載。
■使用温度範囲:室温+7℃~+60℃ ■温度調節精度:±0.5℃~1.0℃(*1)

恒温振とう培養機(NewMax drive®搭載) DWMax M・BR-034P


96ウェルやマイクロチューブの恒温振とうに最適!新機構"NewMax drive®"搭載。ペルチェで室温以下も可能
■使用温度範囲:室温-7℃~+60℃(*1) ■温度調節精度:±0.5℃~1.0℃(*2)

振とう撹拌機(NewMax drive®搭載) MaxMixer EVR-034


96ウェルやマイクロチューブの振とうに!強力・均一・静か、新機構"NewMax drive®"搭載。ウェルプレートなら4枚まで
■振とう方式:水平偏芯震動 ■震動速度:200~1600r/min

ミニ恒温槽 e-CoolingBucket ECB


約B5サイズのコンパクトな恒温槽。+3℃~+20℃。ミラクルビーズ、ブロックのほか、振とうユニット使用時は水もOK!! フロンフリー
■使用温度範囲:+3℃~+20℃(*) ■温度調節精度:±1℃以内

アルミブロック恒温槽 ドライサーモユニット DTU-2BN


恒温水槽なみの温度精度、ゆったり入る深型。ディープブロックは2個まで。+110℃までのBタイプ
■使用温度範囲:室温+5℃~+110℃ ■温度調節精度:±0.1℃以下(*1)

超小型恒温振とう培養機 バイオシェーカー® V・BR-36


小型の三角フラスコや遠沈管に向く振とう機構。ちょっと培養したい、に最適な卓上小型タイプ。
■使用温度範囲:室温+8℃~+60℃(*1) ■振とう方式:旋回振とう式

お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「CO2インキュベーター」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.