アプリケーションデータシート No.5

化学発光および生物発光を利用した遺伝子発現の解析


アプリケーションデータの概要

〈ルミビジョンプロHSⅡ〉は、化学発光(ケミルミネッセンス)の検出において自動で最適な露光時間の画像が得られる「オートモニタリング機能」が特長の化学発光検出解析装置 ルミビジョンプロの超高感度モデルだ。
アプリケーションデータシート(ADS)の#003ではこの〈ルミビジョンプロHSⅡ〉の感度についてご紹介した。今回は、京都大学大学院の望月博士のご協力による、シロイヌナズナの遺伝子発現を化学発光およびルシフェラーゼで解析した事例をご紹介する。
●〈化学発光検出解析装置 ルミビジョンプロHSⅡ〉は、販売を終了致しました。
●このADSは2003年に発行したものです。学術的な知見や作成担当部署名、実験データのご提供者様のご所属等の一部記載内容は、現在において変わっている場合があります。

ファイルのダウンロード

「化学発光および生物発光を利用した遺伝子発現の解析」をダウンロード

関連する製品

本データシートに関連する製品はありません。
お探しものは何でしょう?
例えば…
「マジョニア管」
「フロンフリー」
お困りごとは即
お問合せください
タイテック株式会社 〒343-0822 埼玉県越谷市西方2693-1  TEL:048-988-8359 FAX:048-988-8362 Email:senden@taitec.org
Copyright (c) 2017 TAITEC CORPORATION All Rights Reserved.